温度差。

押忍!
目を輝かせて“ジュリー”の話をするマダムと、こちら側の温度差。
白石です。

photo by 山田さん


バサラカクレエビです。
バサラ(婆娑羅)とは『本来、鎌倉・室町時代に流行した風潮で、音楽や舞楽などで、わざと拍子をはずし、自由に、目立つように演じること。』とされています。
何もないところに居ると、名前の由来通り目立ってしゃーないですが、ウミシダの中に居ると一転それが自分の身を隠す擬態になっております。
このエビがウミシダ以外のところで見れないのは、そういうことなんですねぇ。


photo by 山田さん


ブラックベリードワーフゴビーです。
ミズタマサンゴ抜きです。
ええ感じです♪


photo by 山田さん


ツマジロオコゼです。
特徴のあるパーツにライトを当ててみました。
目ぇにはスポットライト、背鰭にはバックライト。
だんだん自分でも目指してるところが分からなくなってきました...。
山田さん、お付き合い頂いてありがとうございます♪

投稿者プロフィール

白石 拓己
白石 拓己
出身地 大阪生まれ和歌山育ち
誕生日 5月13日
好きな食べ物 お好み焼きなどの粉もの

押忍! スレートに関西弁をまき散らすファンタジスタ 白石です。
大阪出身で、和歌山で素潜りに明け暮れ、愛媛大学で魚の行動学を学び、オーストラリアでインストラクターになり、パラオで5年、柏島で2年間修行したのち、セブに流れ着いた。
根っからの魚好きで、お客さんが居ても居なくても海に潜っている。

セブで潜るなら「タクちゃんとこやろ~!」言うて貰えるようなガイドを心掛けて参ります。
あ、あとヌンチャクはフィリピンで1番上手い。多分..。

この記事をシェアする

白石 拓己

白石 拓己

出身地 大阪生まれ和歌山育ち
誕生日 5月13日
好きな食べ物 お好み焼きなどの粉もの

押忍! スレートに関西弁をまき散らすファンタジスタ 白石です。
大阪出身で、和歌山で素潜りに明け暮れ、愛媛大学で魚の行動学を学び、オーストラリアでインストラクターになり、パラオで5年、柏島で2年間修行したのち、セブに流れ着いた。
根っからの魚好きで、お客さんが居ても居なくても海に潜っている。

セブで潜るなら「タクちゃんとこやろ~!」言うて貰えるようなガイドを心掛けて参ります。
あ、あとヌンチャクはフィリピンで1番上手い。多分..。

関連記事

  1. 2014.09.05

    鬼 vs 神
  2. 2015.05.11

    ヨード卵光?
  3. 2016.03.08

    キラー寿司
  4. 2018.05.16

    呪怨かっ!
  5. 2018.07.30

    鬼退治。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。