もの申す。



押忍!
昔はベニハゼがドワーフゴビーで、イソハゼがピグミーゴビーと表記されていた。
それが最近の図鑑では、ベニハゼがピグミーゴビーで、イソハゼがドワーフゴビーになっとる傾向が強い。
もの申~~~す!
ドワーフ』という言葉は、神話や童話などに出てくる穴倉に住む小人の種族のこと。
なので日の当たる所にいるイソハゼよりは、岩の影などに潜む傾向の強いベニハゼにこそドワーフゴビーという名は相応しいと思う。
今までそうだったのに、なぜ最近になって、わざわざこれを逆にするのかさっぱり分からん。
これホンマに聞いてみたい。 どういうこっちゃ?

そんなこんなで風潮に流されず、納得するまでは、頑なにベニハゼにはドワーフゴビーで通している、今日この頃です。
白石です。

photo by のすけ


顔面シマシマの外人ベニハゼ。

投稿者プロフィール

白石 拓己
白石 拓己
出身地 大阪生まれ和歌山育ち
誕生日 5月13日
好きな食べ物 お好み焼きなどの粉もの

押忍! スレートに関西弁をまき散らすファンタジスタ 白石です。
大阪出身で、和歌山で素潜りに明け暮れ、愛媛大学で魚の行動学を学び、オーストラリアでインストラクターになり、パラオで5年、柏島で2年間修行したのち、セブに流れ着いた。
根っからの魚好きで、お客さんが居ても居なくても海に潜っている。

セブで潜るなら「タクちゃんとこやろ~!」言うて貰えるようなガイドを心掛けて参ります。
あ、あとヌンチャクはフィリピンで1番上手い。多分..。

この記事をシェアする

白石 拓己

白石 拓己

出身地 大阪生まれ和歌山育ち
誕生日 5月13日
好きな食べ物 お好み焼きなどの粉もの

押忍! スレートに関西弁をまき散らすファンタジスタ 白石です。
大阪出身で、和歌山で素潜りに明け暮れ、愛媛大学で魚の行動学を学び、オーストラリアでインストラクターになり、パラオで5年、柏島で2年間修行したのち、セブに流れ着いた。
根っからの魚好きで、お客さんが居ても居なくても海に潜っている。

セブで潜るなら「タクちゃんとこやろ~!」言うて貰えるようなガイドを心掛けて参ります。
あ、あとヌンチャクはフィリピンで1番上手い。多分..。

関連記事

  1. 2015.03.17

    だみ~ん。
  2. 2015.08.06

    自己紹介。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。