さすがゴビゴビ師匠...。

押忍!
うわっ。
気ぃ付いたら、深潜りしながら「ミズヒキミノカサゴの胸鰭でソウルしたいわぁ~。」て考えてる俺がおった。
むっちゃ変態な俺、みぃ~つっけた♪
白石です。

photo by 山兄ぃ


オキナワハゼsp.です。
なんじゃこのヒレが黄色のオキナワハゼ!!?
オキナワハゼ属の中では、一線を画すオーラ出てんでぇ~~~!
「えらいこっちゃぁ~~~~~!?」思て調べてたらハワイ大学の図鑑にそれらしき標本写真発見!
生態写真ネットで出てるかなぁ~~~? 今回初かなぁ~~~? 思て学名で調べてたら...。
な、な、なんと! 魚類写真資料データベースにゴビゴビ師匠の写真が!!
さすが師匠! ま、ま、まいりましたぁ~~~。
ちなみにヒレグロフタスジハゼっていう名前もあるそうです。
まぁいずれにせよ、激レアであることは確かやわ♪


photo by 山兄ぃ


ヴォルケーノシュリンプゴビーです。
色彩の綺麗な外人ダテハゼです。
ダテハゼの中では結構大型種です。


photo by 山兄ぃ


ウオノエです。
うわっ! ベニハゼについとった♪
ちょっとテンション上がった一幕。


photo by 山兄ぃ


キャンディケインドワーフゴビーです。
この緑のスポット最高やねぇ~~~!
手前の点々も、奥のほんわかした点々もええ雰囲気出してますわぁ~♪


photo by 山兄ぃ


ホヤカクレエビです。
なんと、ケヤリ抜き!
ちょっとレアなシチュエーション!


photo by 山兄ぃ


ミズヒキミノカサゴです。
ネッタイミノカサゴにめっちゃ似てるねんけど、胸鰭の伸長する棘に縞々が入ることがこの種の特徴です。
やっぱりこいつはネッタイミノに比べて、若干深いね。
きっちりニッチ分けてはりますわ。
うわ、ちょっと『きっちりニッチ』ちゅうフレーズが気に入った、今日この頃。
て、何の話しやねん。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。