川、行ってきたよぉ~~~♪

押忍!
今日、根本さんと川潜りに行ってましてん。
ほんで現場に着いたら、早速根本さんが聞いてきます。
「拓ちゃん、“カキイロ”どこにいるの?」
「もうそこ顔つけたら、結構見れると思いますよぉ~。」
どれどれとオオサンショウウオのように腹ばいで水に顔をつける根本さん。
「うっひょ~~~!いるいるいる~~~!!」
突然のテンションの高さを目の当たりにしたディンディンが怪訝そうに俺の顔見るさかい、諭しときました。
「せやねん。(彼も)ゴビタリアンやねん...。」
白石です。

photo by brucelee


カキイロヒメボウズハゼです。
ええ柿色でとったでぇ~、今日♪
セブの個体で、ここまで色出てんのは初めてでしたわぁ~!


photo by brucelee


カキイロヒメボウズハゼのペアです。
ものごっつ求愛してました。
この後、キチンと口説き落として、巣穴に♀を連れ込んだそうですよ。
しかしこんなけ求愛してるけど、オレンジはほとんど出てません...。
あながち、オレンジが婚姻色という訳ではなさそうな気がします。
現に上の個体は、完全にエサ食いモードやった個体やし。


photo by brucelee


ヒノコロモボウズハゼです。
上のカキイロもそうやけど、この“火の衣”も日本ではごっつ珍しいボウズハゼです。
すんません。うじゃうじゃいて、スンマセン。


photo by brucelee


アカボウズハゼです。
どーでもええけど、後ろのヒノコロモ、どんな顔しとんねん!
わらかしよんで。


photo by brucelee


ボウズハゼの仲間です。
日本にいないボウズハゼの仲間です。
今日はごっつい色で暴れとったで♪
ちょっと遠目からの撮影やったさかい、ボディの青があんまり出てへんけど、めちゃめちゃ綺麗でしたよ♪
ほんでなによりもこのファンキーな第一背鰭!
泳ぎまくるときしかヒレ開いてくれへんけど、頑張ってやっつけてちょーよ!


photo by brucelee


ツバサハゼです。
根本さん、見つけてくれはりましたぁ~!
すげぇーーーーー!!
めちゃめちゃテンション上がりましたわぁ。
この名前の由来になってる大きな胸鰭。
“翼”いうぐらいやから羽ばたくんかなぁ~?てちょっと思うけど、そうじゃなくてこの胸鰭は流れのきついところで岩に張り付くための吸盤の役割をするんです。
なかなかえらいトコ伸ばしよったなぁ~と思う、進化を遂げたハゼです♪

さぁ、明日からはゴビゴビ師匠も参戦です。
ゴビタリアン×2!
これはえらいことになりそうやでぇ~~~!!

投稿者プロフィール

白石 拓己
白石 拓己
出身地 大阪生まれ和歌山育ち
誕生日 5月13日
好きな食べ物 お好み焼きなどの粉もの

押忍! スレートに関西弁をまき散らすファンタジスタ 白石です。
大阪出身で、和歌山で素潜りに明け暮れ、愛媛大学で魚の行動学を学び、オーストラリアでインストラクターになり、パラオで5年、柏島で2年間修行したのち、セブに流れ着いた。
根っからの魚好きで、お客さんが居ても居なくても海に潜っている。

セブで潜るなら「タクちゃんとこやろ~!」言うて貰えるようなガイドを心掛けて参ります。
あ、あとヌンチャクはフィリピンで1番上手い。多分..。

この記事をシェアする

白石 拓己

白石 拓己

出身地 大阪生まれ和歌山育ち
誕生日 5月13日
好きな食べ物 お好み焼きなどの粉もの

押忍! スレートに関西弁をまき散らすファンタジスタ 白石です。
大阪出身で、和歌山で素潜りに明け暮れ、愛媛大学で魚の行動学を学び、オーストラリアでインストラクターになり、パラオで5年、柏島で2年間修行したのち、セブに流れ着いた。
根っからの魚好きで、お客さんが居ても居なくても海に潜っている。

セブで潜るなら「タクちゃんとこやろ~!」言うて貰えるようなガイドを心掛けて参ります。
あ、あとヌンチャクはフィリピンで1番上手い。多分..。

関連記事

  1. 2017.12.17

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。