ゴビゴビ師匠の憂鬱

押忍!
今日は、サンゴ礁のポイント『ナルスアン』!
「たくさん種類撮れる!」と、縦横無尽に駆け巡るのは“雑食の帝王”マンぶーンさん。
しかし、対象的にイマイチ気分が乗らない男がここにいる...。
“偏食の帝王”ゴビゴビ師匠だ。
そう! このポイント...実はあまりハゼが居ないっ!!!
白石です。

photo by たまちゃん


ベニハゼ on ブーケ♪
これは花の配置、背景の色、ぼかし具合、上手に撮りはったなぁ~~~♪
初めて105mm使たとは思えねぇ~~~!
どんどんステキ写真、量産してもらいましょ♪


photo by マスター


ホシゾラワラエビです。
ミルククラウンボヤがポイント♪


photo by たまちゃん


こっちはマスターさんのと同じシチュエーション。
撮り方によって、こんなに違う!
マスターさんの写真見てないと、後ろの白いのがミルククラウンボヤって分からんねぇ~~~。


photo by マスター


バブルコーラルシュリンプです。
シライトゴカイの前の丁度ええとこに居ました。


photo by マンぶーン


ペリクリメナス・レピドゥスです。
ドングリガヤに潜む、奇特な子です。


photo by マンぶーン


アオスジテンジクダイです。
テンジクダイは夜、体色が変化する種が多い種族ですが、このテンジクダイのナイトカラーは、ヒレのエッジがこんな感じに赤くなります♪
昼間撮るより、ずっとかっこ良いです♪

投稿者プロフィール

白石 拓己
白石 拓己
出身地 大阪生まれ和歌山育ち
誕生日 5月13日
好きな食べ物 お好み焼きなどの粉もの

押忍! スレートに関西弁をまき散らすファンタジスタ 白石です。
大阪出身で、和歌山で素潜りに明け暮れ、愛媛大学で魚の行動学を学び、オーストラリアでインストラクターになり、パラオで5年、柏島で2年間修行したのち、セブに流れ着いた。
根っからの魚好きで、お客さんが居ても居なくても海に潜っている。

セブで潜るなら「タクちゃんとこやろ~!」言うて貰えるようなガイドを心掛けて参ります。
あ、あとヌンチャクはフィリピンで1番上手い。多分..。

この記事をシェアする

白石 拓己

白石 拓己

出身地 大阪生まれ和歌山育ち
誕生日 5月13日
好きな食べ物 お好み焼きなどの粉もの

押忍! スレートに関西弁をまき散らすファンタジスタ 白石です。
大阪出身で、和歌山で素潜りに明け暮れ、愛媛大学で魚の行動学を学び、オーストラリアでインストラクターになり、パラオで5年、柏島で2年間修行したのち、セブに流れ着いた。
根っからの魚好きで、お客さんが居ても居なくても海に潜っている。

セブで潜るなら「タクちゃんとこやろ~!」言うて貰えるようなガイドを心掛けて参ります。
あ、あとヌンチャクはフィリピンで1番上手い。多分..。

関連記事

  1. 2015.08.04

    やりたい放題

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。