ニーズ

押忍!
今日は深場でリクエストのネタが被るさかい、ディンディンとチーム分けて時間差で潜ってましてん。
ほんで浅いところ戻ってきたら、ディンディンがラッパウニ持って来ますねん。
見たら、ムラサキゴカクガニが付いてますわ。
どうやら偏食家のゴビゴビ師匠に紹介してんけど、撮って貰われへんくて俺のところ持ってきたみたい。
でも俺が担当してるお客さんは、エビ・カニ嫌いの根本さん...。
「Both guys don’t like to take crab. Because they are Gobitarian(※).」てスレートに書いたったら、ごっつ寂しそうな顔してはりましたわ。
ディンディン、需要と供給を知るの巻ぃ~。
白石です。
(※)Gobitarian:Goby(ハゼ)しか撮らへん人のこと。

今日も川の写真です。
3夜連続の2日目です。

photo by brucelee


エリトゲハゼです。
日本では激レアのハゼです。
頬に入る縞が可愛いです。
中流域に生息し、個体数はかなりいます。


photo by brucelee


カガミテンジクダイです。
下流域にいるテンジクダイです。
尾柄部に大きな黒斑があるのが特徴です。
これは子供の個体で、大人はいかつい風貌になります。


photo by brucelee


クロホシマンジュウダイです。
下流域に生息します。汽水域のレギュラーメンバーです。
「見つけたー!」って感じですわぁ~。
なんかパラオが懐かしくなりましたわぁ。


photo by brucelee


ツバサハゼです。
正面顔です。
ごっつ扁平してます。
胸鰭の大きさもよく分かります。


photo by brucelee


ルリボウズハゼです。
上流域に生息するボウズハゼです。
婚姻色が出ると、こんな感じで腹側が名前の由来どおり“瑠璃色”になり、しかも尾鰭はオレンジになります。
めちゃめちゃシャイで、しかもすばしっこい、超難敵です。
あと20cm寄って撮れてたら、チリも軽減できて、もっと色出てたと思うねんけど...。
う~ん!悔しいです!

    • おでっせい
    • 2012年 9月 18日

    こんばんわぁ~
    これはまた魅力的な面々ですねー
    ルリボウズの撮影は、いつも苦労しますね。
    セブだと確かに上流域なんですが沖縄では、下流域から生息するような...。
    フィジーにもルリボウズと思しき連中がたくさん居ましたが、河口近くから上流域までウヨウヨでした。
    セブの中・下流は、例の背びれバラバラの強力なライバルに占有されて締め出されちゃうのかな...?

    沖縄で前に撮影したルリボウズの動画がありますんで、よろしければどうぞ~
    http://youtu.be/dryorNQQ9m4

      • anemonefish1980
      • 2012年 9月 19日

      押忍!
      白石です。
      おでっせいさん、こんばんわぁ~!
      またまたコメント、ありがとうございます♪

      ところでこのルリボウズの動画、凄いですねぇ~!
      本能剥き出しで、走り回ってるじゃないですかぁー!
      とくにあの、喧嘩はやばいです!!

      護岸された川ってことは、かなり下流ぽいですねぇ~。
      パラオとセブのイメージですが、生息域のイメージがだいぶ違います。
      ここやったら、水深もあるし撮りやすそう~~~。
      ちょっとジェラシーです...。

  1. トラックバックはまだありません。