とことん筆算させる気かい!

押忍!
昨日、お客さんとご飯行ってて最後の勘定のとき“割り勘”するさかい、ウェイターに「カリキュレイター貸してぇ~。」て頼んだら、紙とボールペン渡しよんねん。
「いやいやちゃうちゃう。カリキュレーター、計算機やん。計算機。」言うたら、「なるほど!」いう顔して奥へ引っ込んだ思たら、今度はそこそこ大きい紙持ってきよんねん。
とことん筆算させる気かい!
白石です。

photo by okiey


エーデルワイスです。
見たことないけど...なんかそんなイメージ。
誰がてきとーやねん、白石です。


photo by okiey


シロオビイソハゼです。
このバックのサンゴの模様がめっちゃ綺麗やねん~!
ハゼの赤も映えてええ感じ♪


photo by okiey


シラナミイロウミウシです。
ステージに立ってもらいました。
このライティング、カズさんいわく『引退のときの百恵ちゃん』ライティングだそうです♪


photo by okiey


フリソデエビです。
見つけるとテンション上がるエビです。
タイにハナカマキリいうのがおるそうやけど、それとエエ勝負するくらい綺麗です♪


photo by okiey


顔です。
トランプのばばです。
“顔”撮るときって角度によって、顔っぽく見えたり、顔にならへんかったりするさかい、カメラ構える時のアングルがごっつ大事なんです。
そしてこの顔は100点満点です。
完全に自分が思ってた通りの角度で撮ってくださいました♪

せやから、なんの話しやねん。

押忍!
最近7Dに買い換えたJane さんが「まずオートフォーカスと仲良くならな。」言うてはりました。
そう言えばたこ焼き屋でアルバイトしてたときに、銀だこの金さんが「鉄板と仲良くならないと、いいたこ焼きは焼けません。」いうてたなぁ~思て、ちょっと懐かしくなりました。
あの人は“神”やったなぁ。
常連のお客さん、俺の焼いたたこ焼きを尻目に、わざわざ「金だこ下さい!」とか言うてはったもんなぁ~。
やっぱ銀より金やなぁ~。オリンピックちょっと金メダル少なかったなぁ~。
てなんの話しやねん。
そうそう7D。
ええカメラやなぁ~。
やっぱカメラとドライマンゴーは7Dに限るでぇ~。
フィリピンのお土産は是非、7D!
持ってかえってヨーグルトに浸したら、フレッシュマンゴーになりよるし♪
て、だから何の話しやねん。
白石です。

photo by ドナジュリア


メガネベニハゼです。
このバックのホヤがめっちゃ可愛いねん~。
これ結構いっぱいあんねんけど、なかなかこんな感じでベニハゼとええコラボになるところが少ないねん。
ええとこ見つけて撮ってくれはりましたわぁ~♪
こういうシチュエーション大事にしはる、ドナジュリアさんの写真好っきゃわぁ~♪


photo by Jane


ラジアルファイルフィッシュです。
バックライト効いてるさかい、ウミアザミがごっつ爽やかです。
『休日のカーテン越しの日差し』
勝手にそんなタイトルつけました。


photo by コミカルブレニー


イナズマヤッコです。
俺のチリチリのテンションとは裏腹に、みんなの反応薄ぅ~~~。
ちょっと改めて言うとくけど、このブログの検索キーワードNo.2がイナズマヤッコでっせ。
それぐらい人気のある魚なんです~。
あ、ちなみに検索キーワードNo.1は『otap』…。
そこーーー?


photo by ドナジュリア


ヴォルケーノシュリンプゴビーです。
昨日撮ってもらってた写真やけど、使てなかったからアップしました♪
なんか3個体いるみたいです~。
ヴォルケーノが爆発してるぜ!


photo by Jane


ブルーレッグボクサーシュリンプです。
セブ来たら撮ってほしいエビの1つです。
イエローボクサーシュリンプに激似ですが、別種です。
このブルーレッグは分布域が狭いので、世界的にレアみたいですよ。

夏の夜の悪夢

押忍!
昨日悪夢のような夢を見た。
設定は、こうだ。
田舎の家に泊まることになるのだが、そこの男性用の小便器になぜが温風乾燥機が取り付けられていて、用を足してる最中に誤作動するという代物だ。
上昇気流のように吹き上げる生暖かい風に乗ってリバースしてくる自分の小便をかわすことになるのだが、いかんせん全然小便が止まらない。
腰は固定しているのだが、迫り来る小便をかわすために上半身をグルグルよじって避ける。
「はっ!」と目が覚めて、眠気混じりにボソっとつぶやいた。
「なんでエグザイルやねんっ...。」
膀胱パンパンでトイレへ駆け込み、思わず温風乾燥機が仕掛けられてないか確認したが、馬鹿馬鹿しくてすぐにやめた。
深夜3時半の出来事だった..。
白石です。

photo by Jane


スパインチークアネモネフィッシュyg.です。
真っ白なイソギンチャクに、明るいオレンジが映えます♪
胸鰭開いてパーン!て感じです。
あ、今“ふとっちょカウボーイ”ネタでティモさんのこと思い出してもーた。


photo by Jane


ナデシコカクレエビです。
先言うときまっけど、なでしこJAPANとは一切関係ありません。
そこんとこ、ヨロシク。


photo by コミカルブレニー


アカツメサンゴヤドカリです。
青いカンザシが対角に配置されてて、ええバランスです♪


photo by ドナジュリア


マッシュルームコーラルパイプフィッシュです。
もう暫く居ついてます。しかもペアで♪
そうそう前から思ててんけど、名前長いねんこいつ。
そういうことなんで、今度『MCPF』で申請しとこうと思います。


photo by ドナジュリア


ナガレモエビsp.です。
ディンディンのエビ・カニハラスメントの賜物だそうです♪
ターゲットにされると怒涛のごとくエビ・カニ紹介してきます、彼。

ヴォルケーノがおるけぇのぉ~♪

押忍!
今マクタンには、ヴォルケーノがおるけぇ~のぉ~。
白石です。

photo by brucelee


ヴォルケーノシュリンプゴビーです。
ええタイミングで出よったでぇ~~~♪
しかも2個体♪
明後日からボチボチ忙しなるさかい、活躍して貰うでぇ~~~!
あ、ちなみに『ボルケーノ』じゃなくて『ヴォルケーノ』いう辺りが“通”です。


photo by brucelee


クロメガネスズメダイです。
オレンジと薄紫が綺麗なスズメダイです。


photo by brucelee


シロオビイソハゼです。
ケヤリの隣で泳いでたので、ケヤリとハゼ両方にピントくるように頑張ってみました。
バックの白点は軽ぅ~いガンメルです。


photo by brucelee


モエギハゼsp.です。
No.6です。
あれから毎日トライしてんねんけど、全っ然ヒレ開きよらへん!
どないなっとんねん~。
ただちょっと分かったのは、この写真でも片鱗が見えるけど、尾びれが三つ又になる予感♪
(※写真クリックすると大きくなります。)
今までのモエギにない尾鰭の形してるかもよぉ~~~??


photo by brucelee


サラサゴンベです。
普通種すぎますが、実は好きなゴンベです。
真っ白なボディに綺麗な赤の模様、それでいて青くフェイドアウトする尾鰭。
あと、なによりゴンベ特有のこのサボテンのような背鰭。
ポイント高しです♪

Parasite Lovers 内部寄生虫

押忍!
白石です。

先日『現プレ』で投稿させてもろたシリウスベニハゼに巣食う“内部寄生虫”です。
まず上からの写真。

photo by brucelee


なんとなぁ~く、左右に一匹ずついることが分かります。
右のパラサイトはやや頭側で、左のパラサイトはやや後方にいます。

次に横から撮った写真。

photo by brucelee


8月6日に撮った写真。
ハッキリ写ってるのが右側のパラサイトで、薄っすら写ってるのが左側のパラサイトです。

photo by brucelee


8月9日に撮った写真。
8月6日に撮った写真と比べると、右側のパラサイトが尾ビレの方に“伸び”したことが分かります。
狭いところにおるもんやさかい、エコノミー症候群警戒したんやろか?

ちなみに上の2枚の写真はバックライトで撮影したものです。

photo by brucelee


普通にストロボで撮影するとこうなります。
ちょっと分かり辛い感じですね。

ハタぐらいの大きな生物への寄生には光が通らないので使えないですが、ベニハゼクラスの小さな生物への寄生ならバックライトごっつ有効です。
是非お試しあれ♪

ウニて、そうなん?

押忍!
此間ボートで休憩してたらティティンさんが呼ぶねん。
なんや思て行ったら、「フィリピンバイアグラ!」いうてウニ勧めて来よんねん。
よゆわんわぁ~。
なんかフィリピンではウニて、そういう認識らしいです。
いやそういうことなら、まだ間に合うてますわぁ~。
白石です。

photo by brucelee


ピンクダートフィッシュです。
腹ビレだけ開いてくれてへんねんけど、他のヒレは全開してくれはりました。
完結はしてへんけど、まぁとりあえず、こんなもんにしといたるわ~。


photo by brucelee


ヒメオオミアミです。
この大きな目ぇと、爬虫類っぽい尻尾が大好きです♪
めっちゃ小さい生物やさかい、『最短×置きピン』のコラボでシバいてきました。


photo by brucelee


オイランヨウジyg.です。
糸くずみたいなサイズの幼魚です。
尾ビレが異様に大きくて、可愛いです♪


photo by brucelee


深海からの物体Xです。
めちゃめちゃ深いとこの砂地を這うてました。
ウミウシの仲間やいうことは分かんねんけど、知識ないさかいそれ以上のことは分かりません。
とりあえず写真中央にある黒点が目ぇやと思いますわぁ~。

第6のモエギ。

押忍!
今晩、お好み焼きやでぇ~!
アカン止めて、誰か、この俺の胸の高鳴りぃー。
白石です。

photo by brucelee


モエギハゼsp.です。
昨日言うてた『第6のモエギ』です!
シバいてくる言うてたのに、完全にシバかれて帰ってきましたわぁ…。
ヒレ、全然開かへんがなぁ~~~。
第一背びれがそれほど伸長しないので前回のやつほど体系にアイドル性は感じませんが、体側に黄色のラインが入ることや、第2背鰭、臀ビレ、尾ビレに黄色のラインが入ることから、かなり綺麗な種であることは間違い無しです♪
あと腹びれがやや長そう。
要リベンジです!


photo by brucelee


モエギハゼsp.yg.です。
上の種の、幼魚やと思います。
こっちもヒレ開かへん...。


photo by brucelee


タンザクハゼsp.2やと思います。
マクタンでは、The タンザクハゼ(ロブストリボンゴビー)とブルーバードリボンゴビーが見れてて、セイルフィンリボンゴビーをずーっと探してたんですが、なんと変化球でちゃう方出てまいよったわぁ~。
ビックリしたわ、ホンマ。
これもヒレ閉じてるから分からへんけど、第一背鰭が伸長するタイプやと思います。


photo by brucelee


謎のハゼです。
なんじゃこいつ?
現場ではサルハゼの仲間と思て撮ってたんですけど、改めてみたら顔がキララハゼ系?な気もします。
体側には黄色のスポットがいっぱい入って、しかも分かり辛いけど第一背鰭がファンキーな予感です。
なんやかんや、新しいのよ~け出てきて、もうよゆわんわぁ~~~。


photo by brucelee


ヤツシハゼsp.です。
おなかに黄色の細かいラインが入るタイプのやつです。
ええ感じでヒレに色でてましたよ♪

太陽がいっぱい

押忍!
今日、なんと第6のモエギハゼ見つけましてん。
「よっしゃー!」思てんけど、このタイミングでカメラの電池切れとんねん~。
なんでやね~~~ん!!
明日絶対シバいてきたろ。
目にもん見せたるで。
白石です。

そんなこんなで今日は最近ハマってる『太陽の砂』の撮り溜めフォトです。
太陽の砂って星の砂とかと同じ仲間で、有孔虫のことです。
浅いところにめっちゃいますねん。
ちょっとハマりまっせ。

photo by brucelee


思いっきり開けてメルヘンな感じで。


photo by brucelee


逆に絞って海草の青をしっかり出す感じで。


photo by brucelee


ここにもおった。


photo by brucelee


あ、ここにも♪

ヤツシと、ヤツシと、ヤツシと、ヤツシと、時々、モエギ。

押忍!
昨日に引き続き、ゴビゴビ師匠第2弾です♪
ヤツシと、ヤツシと、ヤツシと、ヤツシと、時々、モエギです。
どれもこれもspやでぇ~!
て、名前分からんのみなsp言うてるだけやねんけど..。
まぁスペシャルいうことで。
白石です。

photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼsp.です。
第一背鰭に黒点がある、キラキラハゼ激似のヤツシハゼ属です。
このハゼも今回のリクエストでした♪


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼsp.です。
やや深場にいる、体側の背中側にだけ黄色の模様が入るヤツシハゼ属です。
めちゃめちゃ綺麗なヤツシハゼ属で、個体数もいっぱいいます。


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼsp.です。
お腹に細い横縞が数本入る種です。
レア種です。


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼsp.です。
第一背鰭がめっちゃ長くなる種です。
こっちもレアです。


photo by ゴビゴビ師匠


モエギハゼsp.です。
やっぱりこのモエギは外されへんやろ~~~。
今回、見つけるのにめっちゃ時間掛かったんですが、やっとそこそこ個体数おるところ見つけました♪
今、チャンスやでぇ~~~♪

ゴビゴビ師匠の写真が届きました♪

押忍!
色んなもん紹介しても、他のものには目もくれずハゼしか撮らない。
それがゴビタリアン。
そしてゴビゴビ師匠は、ゴビタリアン。
白石です。

ゴビゴビ師匠の写真届きましたよぉ~~~!
本日、明日と2夜連続で紹介いたします♪

photo by ゴビゴビ師匠


ハゼ科の一種です。
今回、リクエストを頂いていたハゼの1つです。
腋部(胸鰭根元)に黒斑があります。
泥地で常にホバリングしてます。
最近、かなりの深場でも確認いたしました。


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼ属の一種です。
7月31日のログで紹介したヤツシハゼに激似ですが、こいつは第一背びれの棘が伸長しません。
体側の模様や、ヒレの模様がほぼ一緒なので、恐らく棘が伸長しないこっちが♀で、7月31日のログの方が♂なんじゃないかなぁって勝手に思ってます。


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼ属の一種です。
ティモさんが『ホクロちゃん』て呼んでたやつです。
同属多種にない特徴は、第一背鰭がやったら短いことです。
あと普段見辛いねんけど、ホバリングやっつけてくれてはるのでヤリ状の尾ビレが確認できます♪
かっこ良い~!


photo by ゴビゴビ師匠


ホタテツノハゼ属の一種です。
恐らくファンシュリンプゴビーやと思います。
ゴビゴビ師匠、自分で見つけてはりました。
すごっ!


photo by ゴビゴビ師匠


コジカイソハゼです。
綺麗なイソハゼですねぇ~♪
棘が伸張してるので、♂ですね。
今までノーマークやったけど、俺もイソハゼ撮ろ。
そう思わせてくれた、一枚でした♪

明日も、ゴビゴビ師匠の写真紹介しまっせぇ~!
お楽しみに♪