ヴォルケーノがおるけぇのぉ~♪

押忍!
今マクタンには、ヴォルケーノがおるけぇ~のぉ~。
白石です。

photo by brucelee


ヴォルケーノシュリンプゴビーです。
ええタイミングで出よったでぇ~~~♪
しかも2個体♪
明後日からボチボチ忙しなるさかい、活躍して貰うでぇ~~~!
あ、ちなみに『ボルケーノ』じゃなくて『ヴォルケーノ』いう辺りが“通”です。


photo by brucelee


クロメガネスズメダイです。
オレンジと薄紫が綺麗なスズメダイです。


photo by brucelee


シロオビイソハゼです。
ケヤリの隣で泳いでたので、ケヤリとハゼ両方にピントくるように頑張ってみました。
バックの白点は軽ぅ~いガンメルです。


photo by brucelee


モエギハゼsp.です。
No.6です。
あれから毎日トライしてんねんけど、全っ然ヒレ開きよらへん!
どないなっとんねん~。
ただちょっと分かったのは、この写真でも片鱗が見えるけど、尾びれが三つ又になる予感♪
(※写真クリックすると大きくなります。)
今までのモエギにない尾鰭の形してるかもよぉ~~~??


photo by brucelee


サラサゴンベです。
普通種すぎますが、実は好きなゴンベです。
真っ白なボディに綺麗な赤の模様、それでいて青くフェイドアウトする尾鰭。
あと、なによりゴンベ特有のこのサボテンのような背鰭。
ポイント高しです♪

Parasite Lovers 内部寄生虫

押忍!
白石です。

先日『現プレ』で投稿させてもろたシリウスベニハゼに巣食う“内部寄生虫”です。
まず上からの写真。

photo by brucelee


なんとなぁ~く、左右に一匹ずついることが分かります。
右のパラサイトはやや頭側で、左のパラサイトはやや後方にいます。

次に横から撮った写真。

photo by brucelee


8月6日に撮った写真。
ハッキリ写ってるのが右側のパラサイトで、薄っすら写ってるのが左側のパラサイトです。

photo by brucelee


8月9日に撮った写真。
8月6日に撮った写真と比べると、右側のパラサイトが尾ビレの方に“伸び”したことが分かります。
狭いところにおるもんやさかい、エコノミー症候群警戒したんやろか?

ちなみに上の2枚の写真はバックライトで撮影したものです。

photo by brucelee


普通にストロボで撮影するとこうなります。
ちょっと分かり辛い感じですね。

ハタぐらいの大きな生物への寄生には光が通らないので使えないですが、ベニハゼクラスの小さな生物への寄生ならバックライトごっつ有効です。
是非お試しあれ♪

ウニて、そうなん?

押忍!
此間ボートで休憩してたらティティンさんが呼ぶねん。
なんや思て行ったら、「フィリピンバイアグラ!」いうてウニ勧めて来よんねん。
よゆわんわぁ~。
なんかフィリピンではウニて、そういう認識らしいです。
いやそういうことなら、まだ間に合うてますわぁ~。
白石です。

photo by brucelee


ピンクダートフィッシュです。
腹ビレだけ開いてくれてへんねんけど、他のヒレは全開してくれはりました。
完結はしてへんけど、まぁとりあえず、こんなもんにしといたるわ~。


photo by brucelee


ヒメオオミアミです。
この大きな目ぇと、爬虫類っぽい尻尾が大好きです♪
めっちゃ小さい生物やさかい、『最短×置きピン』のコラボでシバいてきました。


photo by brucelee


オイランヨウジyg.です。
糸くずみたいなサイズの幼魚です。
尾ビレが異様に大きくて、可愛いです♪


photo by brucelee


深海からの物体Xです。
めちゃめちゃ深いとこの砂地を這うてました。
ウミウシの仲間やいうことは分かんねんけど、知識ないさかいそれ以上のことは分かりません。
とりあえず写真中央にある黒点が目ぇやと思いますわぁ~。

第6のモエギ。

押忍!
今晩、お好み焼きやでぇ~!
アカン止めて、誰か、この俺の胸の高鳴りぃー。
白石です。

photo by brucelee


モエギハゼsp.です。
昨日言うてた『第6のモエギ』です!
シバいてくる言うてたのに、完全にシバかれて帰ってきましたわぁ…。
ヒレ、全然開かへんがなぁ~~~。
第一背びれがそれほど伸長しないので前回のやつほど体系にアイドル性は感じませんが、体側に黄色のラインが入ることや、第2背鰭、臀ビレ、尾ビレに黄色のラインが入ることから、かなり綺麗な種であることは間違い無しです♪
あと腹びれがやや長そう。
要リベンジです!


photo by brucelee


モエギハゼsp.yg.です。
上の種の、幼魚やと思います。
こっちもヒレ開かへん...。


photo by brucelee


タンザクハゼsp.2やと思います。
マクタンでは、The タンザクハゼ(ロブストリボンゴビー)とブルーバードリボンゴビーが見れてて、セイルフィンリボンゴビーをずーっと探してたんですが、なんと変化球でちゃう方出てまいよったわぁ~。
ビックリしたわ、ホンマ。
これもヒレ閉じてるから分からへんけど、第一背鰭が伸長するタイプやと思います。


photo by brucelee


謎のハゼです。
なんじゃこいつ?
現場ではサルハゼの仲間と思て撮ってたんですけど、改めてみたら顔がキララハゼ系?な気もします。
体側には黄色のスポットがいっぱい入って、しかも分かり辛いけど第一背鰭がファンキーな予感です。
なんやかんや、新しいのよ~け出てきて、もうよゆわんわぁ~~~。


photo by brucelee


ヤツシハゼsp.です。
おなかに黄色の細かいラインが入るタイプのやつです。
ええ感じでヒレに色でてましたよ♪

太陽がいっぱい

押忍!
今日、なんと第6のモエギハゼ見つけましてん。
「よっしゃー!」思てんけど、このタイミングでカメラの電池切れとんねん~。
なんでやね~~~ん!!
明日絶対シバいてきたろ。
目にもん見せたるで。
白石です。

そんなこんなで今日は最近ハマってる『太陽の砂』の撮り溜めフォトです。
太陽の砂って星の砂とかと同じ仲間で、有孔虫のことです。
浅いところにめっちゃいますねん。
ちょっとハマりまっせ。

photo by brucelee


思いっきり開けてメルヘンな感じで。


photo by brucelee


逆に絞って海草の青をしっかり出す感じで。


photo by brucelee


ここにもおった。


photo by brucelee


あ、ここにも♪

ヤツシと、ヤツシと、ヤツシと、ヤツシと、時々、モエギ。

押忍!
昨日に引き続き、ゴビゴビ師匠第2弾です♪
ヤツシと、ヤツシと、ヤツシと、ヤツシと、時々、モエギです。
どれもこれもspやでぇ~!
て、名前分からんのみなsp言うてるだけやねんけど..。
まぁスペシャルいうことで。
白石です。

photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼsp.です。
第一背鰭に黒点がある、キラキラハゼ激似のヤツシハゼ属です。
このハゼも今回のリクエストでした♪


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼsp.です。
やや深場にいる、体側の背中側にだけ黄色の模様が入るヤツシハゼ属です。
めちゃめちゃ綺麗なヤツシハゼ属で、個体数もいっぱいいます。


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼsp.です。
お腹に細い横縞が数本入る種です。
レア種です。


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼsp.です。
第一背鰭がめっちゃ長くなる種です。
こっちもレアです。


photo by ゴビゴビ師匠


モエギハゼsp.です。
やっぱりこのモエギは外されへんやろ~~~。
今回、見つけるのにめっちゃ時間掛かったんですが、やっとそこそこ個体数おるところ見つけました♪
今、チャンスやでぇ~~~♪

ゴビゴビ師匠の写真が届きました♪

押忍!
色んなもん紹介しても、他のものには目もくれずハゼしか撮らない。
それがゴビタリアン。
そしてゴビゴビ師匠は、ゴビタリアン。
白石です。

ゴビゴビ師匠の写真届きましたよぉ~~~!
本日、明日と2夜連続で紹介いたします♪

photo by ゴビゴビ師匠


ハゼ科の一種です。
今回、リクエストを頂いていたハゼの1つです。
腋部(胸鰭根元)に黒斑があります。
泥地で常にホバリングしてます。
最近、かなりの深場でも確認いたしました。


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼ属の一種です。
7月31日のログで紹介したヤツシハゼに激似ですが、こいつは第一背びれの棘が伸長しません。
体側の模様や、ヒレの模様がほぼ一緒なので、恐らく棘が伸長しないこっちが♀で、7月31日のログの方が♂なんじゃないかなぁって勝手に思ってます。


photo by ゴビゴビ師匠


ヤツシハゼ属の一種です。
ティモさんが『ホクロちゃん』て呼んでたやつです。
同属多種にない特徴は、第一背鰭がやったら短いことです。
あと普段見辛いねんけど、ホバリングやっつけてくれてはるのでヤリ状の尾ビレが確認できます♪
かっこ良い~!


photo by ゴビゴビ師匠


ホタテツノハゼ属の一種です。
恐らくファンシュリンプゴビーやと思います。
ゴビゴビ師匠、自分で見つけてはりました。
すごっ!


photo by ゴビゴビ師匠


コジカイソハゼです。
綺麗なイソハゼですねぇ~♪
棘が伸張してるので、♂ですね。
今までノーマークやったけど、俺もイソハゼ撮ろ。
そう思わせてくれた、一枚でした♪

明日も、ゴビゴビ師匠の写真紹介しまっせぇ~!
お楽しみに♪

ほんで誰が一番えらいねん。

押忍!
ジョーさんが『スタッフID』作ってくれいうさかい、慣れへんイラストレーター使て作ってみましてん。
テレフォンカードサイズのやつ。
ほんで問題はIDナンバーや。
なんかちょっと気ぃ遣いますやん、誰をNo.1にしたらええか。
年功序列で行くべきか、勤務年数で行くべきか...。
う~~~ん色々考えてんけど、やっぱりよ~働くメルナさんを No.1 にしておきました♪
白石です。

今日は久々にカメラ持って潜ってきました。
撮りたかった魚おったんです~~~。

photo by brucelee


ピンクダートフィッシュです。
こいつやぁ~~~~~~!!
もう1週間前から見つけてて、めちゃめちゃ撮りたかってん~~~!!
ただ全然ヒレ開かへん~~~!
リベンジせねば..。


photo by brucelee


モエギハゼsp.です。
少し前に見つけたモエギハゼです。
今回の『ゴビゴビ師匠』との調査で、完全に位置把握しました♪
しかもそこそこ個体数見つかってきたし!
チャンスでっせぇ~!撮りにきてぇ~~~!
て、生意気にも“お客さんを選ぶ”水深におんねんけど..。


photo by brucelee


スクリブルドシュリンプゴビーyg.と思います。
めちゃめちゃ小さい個体でした。
背びれがあまりにも角刈りなので、一瞬なんか分からんかったんですが、改めて親の写真と比較してみたら、ほぼ間違いないと思います。
ぬか喜びさせやがってぇ~い!

抜け駆けは許しまへんでぇ~!

押忍!
今日はセブシティへ行く機会があったので、パン買うてきましてん。
SMの中に入ってるパン屋やねんけど、そこそこ美味いねん。
ほんでまた例によってポーンとテーブルの上にほってパソコンしてんねんけど、前回のアリ襲撃の件もあるさかい、チラ見率が3倍ぐらいになってます。
抜け駆けは許しまへんでぇ~!
白石です。

photo by brucelee


ウロコホホカギハゼ?です。
第1背鰭の伸長する第3棘が真っ白なことから、ウロコホホカギハゼでほぼ間違いないと思うのですが、なんせ第1、第2棘まで伸長してしまってるので、ちょっとけったいな個体です。
泥地の30mぐらいに多いハゼです。


photo by brucelee


ヒレオビウツボです。
このウツボ、セブに来て「けっこう大きなる種なんや。」いうことが分かりました。
中には80cmぐらいの個体も見ます。
柏島ではヒメウツボサイズのしか見たことがなかったので、初めちょっと戸惑いました。


photo by brucelee


リングアイジョーフィッシュです。
真横から撮ってみて、ちょっとショックでした。
横顔はトレードマークの“ビックリ顔”じゃないんです。
ふ、普通や...。

大変やなぁ~、大勢の体験ダイビング。

押忍!
此間から海荒れてボート出されへんかったさかい、よ~車でダイビング行ってましてん。
ほんなら他所のダイビングショップもおんなじこと考えて来るさかい、そのポイント色んなダイバーで溢れ返ってますねん。
体験ダイビングも来るし、講習してはるチームもあったら、うちみたいにファンダイビングのダイバーもおるしで、海も陸もてんやわんやですわ。
ほんでビーチエントリーでドロップまでそこそこ距離あるさかい水面移動して行くねんけど、何の前触れもなく目の前でいきなりザバーいうてフィン出てくんねん。
小笠原の鯨思い出す勢いですわ、まぁ行ったことあらへんけど。
ただ、そのフィンいうのが黄色とかピンクとか、やたらカラフルやねん。
大変やなぁ~、大勢の体験ダイビング。
白石です。

ゴビゴビ師匠、今日まででした。
ありがとうございましたぁ~~~!
あっという間に終わってしまって悲しいっスー。
完全にハゼと向き合った6日間でしたねぇ♪
ゴビゴビ師匠の写真は後日まとめて送ってくれはるんで、またそのときに♪
そんなこんなで、今日も撮り溜めフォトより。
もう流石に在庫なくなってきたで..。

photo by brucelee


レイドシュリンプゴビーです。
実は密かにヒレ全開やっつけてみました♪
いえーい。


photo by brucelee


ブラックブロッチタスクフィッシュyg.です。
外人クラカケベラです。
大きなったら、長細いイラみたいになります。
そんなことより青かぶりの写真で、なんかスンマセン。


photo by brucelee


フルリボンラス、ペアです。
外人カミナリベラです。
よ~似てるけど、別種です。
♂は体側のラインが切れずに真っ直ぐ入るのが特徴です。