熊バトルロワイヤル

押忍!
クマ牧場の親父、熊集めて「今日は、皆さんにちょっと殺し合いをしてもらいます。」言うんかなぁ。
倫理面のことはこの際おいといて、ごっつワイルドやなぁ~。
白石です。

photo by brucelee


ヤツシハゼsp.です。
見つけたでぇ~~~!
鼻が黄色いこと、目が猫目、尾びれがヤリ状、などの特徴から、パラオで見つけていたヤツシハゼsp.(ミチキハゼって言われてる?)にごっつ似てます。
ただミチキハゼは体側に黄色の点々が縦列するのですが、この個体には無いのが引っかかります。
もしかしたらまだ若い個体なので、点々が出てないだけのかもしれませんが。


photo by brucelee


シノビハゼsp.1です。
ちょっと依頼されて探していた種です。
腹側に黒斑が縦列すること、第一背鰭第2棘が伸長すること、あと尾柄部に3つ黒斑が横に並ぶことで、他のシノビハゼと見分けられます。


photo by brucelee


モエギハゼsp.です。
目の後ろに黄色のラインが入るタイプです。


photo by brucelee


モエギハゼsp.です。
目の後ろに黄色のラインが入らなくて、第2背鰭の黄色のラインが1本です。
上のモエギハゼと同じ環境にいます。


photo by brucelee


ハチマキダテハゼyg.です。
下のほうに二匹います。
ハナミノカサゴにめっちゃ狙われてました。

UMA

押忍!
こないだ桟橋前で潜ってたら、バンカーボート停めたあと泳いで帰ってきた素潜りのジョーさんに会いましてん。
なんや懐いたアシカみたいに潜ってきては俺の周りぐるぐる泳ぎよんねん。
しゃーないから一枚撮ってあげたら、満足して帰って行かはりましたわ。
ほんでさっきパソコンで写真整理してたら、そのときの写真出て来ましてん。
魚によって『ベラ科』とか『ハゼ科』とか科ごとにフォルダ作ってカテゴライズしてんねんけど、散々悩んだ挙句『UMA』っていうフォルダが新しく出来ました。
白石です。

photo by brucelee


ニセアカホシカクレエビです。
めちゃめちゃええとこに居ましてん♪
スーパーレッドのイソギンチャクですわぁ。
写真で撮るとこの赤がなかなか上手く出せずにいたんですけど、今日は奇跡的に見た通りの色が出ました♪
よ~覚えとこ、データ。

photo by brucelee


オランウータンクラブです。
ええとこにいましたわぁ。
白の水玉がめっちゃ綺麗やねん。
迷わず黒抜きにしてやったぜ。

photo by brucelee


リュウキュウウミシダエビです。
ウミシダによって、こんな感じでめっちゃピンっと立ってるウミシダがあります。
こういうウミシダ見つけると、撮影が比較的楽です。

photo by brucelee


ピンクスクワットロブスターです。
暗闇で息を潜めてる“妖怪感”出してみました。
スポットライトの応用編、必殺“毛ぇだけスポット”です♪

photo by brucelee


ミズヒキミノカサゴです。
最近名前の付いたミノカサゴです。
ネッタイミノカサゴにごっつ似てますが、胸鰭の伸長する棘にシマシマが入ります。
生息環境もちょっと違ってて、30mぐらいのやや深いところで良く見つかります。

photo by brucelee


UMAです。
一見怖いけど、ごっつおちゃめで人懐っこいです。

大人飲み

押忍!
ヤクルトを立て続けに3本ぐらい飲むという、行為。
これがマイブームの“大人飲み”。
白石です。

photo by brucelee


オランウータンクラブです。
ミズタマサンゴを使った間接照明的ライティングです。
ちょっと暗闇にいる妖怪みたいです。


photo by brucelee


メガネベニハゼです。
もうちょっと後ろのポリプが近かったら、もっとクッキリ“花見”やったんですが、ちょっと遠かったです...。


photo by brucelee


カゲロウカクレエビの仲間です。
シロガヤが好きなようです。
back が出来るだけ五月蝿くならないように処理できると、良いかも。


photo by brucelee


イソギンチャクモエビです。
カメラを少し煽ると青抜きになります。
ただ低い位置にあるものを煽るというのは、ごっつ首の痛い作業です...。


photo by brucelee


ビッグアイドワーフゴビーです。
ひっそり感を出しつつ、その強調したい存在にはしっかり光を当てる。
これが“スポットライト撮影”です。

温度差。

押忍!
目を輝かせて“ジュリー”の話をするマダムと、こちら側の温度差。
白石です。

photo by 山田さん


バサラカクレエビです。
バサラ(婆娑羅)とは『本来、鎌倉・室町時代に流行した風潮で、音楽や舞楽などで、わざと拍子をはずし、自由に、目立つように演じること。』とされています。
何もないところに居ると、名前の由来通り目立ってしゃーないですが、ウミシダの中に居ると一転それが自分の身を隠す擬態になっております。
このエビがウミシダ以外のところで見れないのは、そういうことなんですねぇ。


photo by 山田さん


ブラックベリードワーフゴビーです。
ミズタマサンゴ抜きです。
ええ感じです♪


photo by 山田さん


ツマジロオコゼです。
特徴のあるパーツにライトを当ててみました。
目ぇにはスポットライト、背鰭にはバックライト。
だんだん自分でも目指してるところが分からなくなってきました...。
山田さん、お付き合い頂いてありがとうございます♪

今さらなんやけど...

押忍!
最近改めて気付きました。
やいやい言うてたけど、やっぱジョリビーよりマクドの方が美味いなぁ...。
白石です。

photo by 山田さん


ミゾレウミウシです。
必殺『触角&ニジエラSPOT』かましてみました。
ライト持ったり、支持棒持ったり、フィン持ったり、なかなか忙しい撮影でした。
ほんま自分、アシュラマンやったらもうちょっとええガイドするねんけどなぁ...。


photo by 山田さん


メガネベニハゼです。
緑とか紫とか、なかなかメルヘンなシチュエーションにいましたよ♪
普通種やけど、こういうシチュエーションになると燃えるよねぇ。


photo by 山田さん


ハゼノナマクビです。
ちょっとスポットやりすぎました...。
お察しの通り、ニチリンダテハゼです。

お好み焼き症候群

押忍!
ソースべたべたに塗ったお好み焼き食うたあとの、めちゃめちゃ喉が乾くという副作用。
ほんでそれを補うために水がぶがぶ飲んで、次の日の1本目めっちゃ小便したくなるという、二次災害。
白石です。

今日は深場攻めて来ましたよ♪

photo by brucelee


ローズバンドフェアリーラスyg.です。
3cmぐらいの個体です。
頭に白いバンドが入ります。


photo by brucelee


上のと同じ個体です。
数秒で、頭の白い帯が消えました。
気分で出したり消したり出来るようです。


photo by brucelee


ヒスイスズメダイです。
最近和名のついたスズメダイで、英名はスプリングクロミスです。
桟橋前で見れちゃいますが、おもいっきり深いです。


photo by brucelee


アオギハゼsp.です。
ティモアオギです。
黄色、赤、白がまぶしいベニハゼです。
大きめの個体は写真のように、ヒレに黄色い模様が入ります。

っさぁ~、明日からお客さんです♪
頑張ってガイドしてくんでぇ~!

お好み焼きパワー

押忍!
今日はこれからお好み焼き。
しかも1人で。
なんやろこの寂しいシチュエーションやのに、妙にテンション上がるの。
白石です。

今日も泥地調査です。

photo by brucelee


ヤツシハゼsp.です。
多分名前無いやつやと思います。
今調査してる新しいポイント、けったいなヤツシがバシバシ見つかります。
調査も力が入るっちゅうもんですわ♪
ところでこのヤツシですが、体側に細い黄色の横縞が沢山入ります。
なんかここのヤツシ、黄色が綺麗なヤツシが多いです。


photo by brucelee


イエローライナーズシュリプゴビーです。
これも黄色が綺麗なヤツシの一つです。


photo by brucelee


ムーンスポテッドシュリンプゴビーです。
こっちはオレンジのスポットが綺麗なヤツシハゼです。
上手いこと写真撮られへんかってんけど、上手にストロボを当てれたら、このオレンジのスポットの周りに青い輪が出来ます。
オレンジのスポットやのにムーンスポッテッド言われるのは、そういうことです。
今度それを証明できる写真撮るぞー。


photo by brucelee


ブラックベリードワーフゴビーです。
なにがブラックベリーかは謎やけど...。
泥地っぽいところにある岩影に良く居ます。

泥地暖め倒すぞ~!

押忍!
こっちの散髪50ペソ(100円ぐらい)やねんけど、油断しとったらすぐに前髪真っ直ぐに揃えにかかりよんねん。
「永谷園のマーボ春雨♪」て誰が和田アキ子やねん!っちゅう話しや。
もう「適当に切って。」とか言うてもうた日にゃ、磯野家のご子息の友達「ナカジマ君」みたいな頭にされますわ。
なんぼ50ペソ言うても、不本意な頭にされるのはかなんさかい、リクエストするとこはちゃんとせなあきません。
今度から「Please cut like this」言うて、ブルース・リーの写真渡そ。
て、結局和田アキ子カットやがな!?
白石です。

最近、泥地ポイントの調査してます。
これから静かになるこっち側のポイントを、暇な今のうちに暖め倒しときまっせぇ~♪

photo by brucelee


オニツノハゼyg.です。
めちゃめちゃ小っさかったで!
10mmぐらいやったし。半分透けとるがなっ!
オニツノハゼって、気付くまで暫く掛かりましたわぁ~。
しかし立派な第一背鰭やなぁ♪


photo by brucelee


ヤノスソビキハゼです。
ごっつ威嚇してはったで。
3cmに満たないこの大きさのハゼに、ちょっとビビッてもーたわ。
さすが“神”の名を持つハゼやな。


photo by brucelee


ヤツシハゼsp.です。
胸鰭の根元に黒斑があるのが特徴です。
あと第一背鰭がごっつ短いのも、他のヤツシハゼにあんまり見られへん特徴かもしれません。


photo by brucelee


ヤツシハゼsp.です。
たまに見るのですが、まだ名前を調べ切れてないヤツシハゼです。
改めて撮ったら、めちゃめちゃ綺麗ですわぁ。
体中に黄色を散らしまくっとんで。
第一、第二背鰭ともに、下のほうに黄色のラインが入り、棘の先端付近に黄色のスポットが入ります。

今日は浅場のベラですー。

押忍!
今日は浅場のベラです~。
なんか此間かずさん来てくれはってから、ベラばっかり目ぇ行きます。
ほんで撮ってきた写真見ても、8~9割がベラの写真...。
ボブ・マーリーの『get up stand up』も「ベラ、ベラ!」て歌ったまう勢い。
めちゃめちゃベラ魂注入されてるやん~。
白石です。

photo by brucelee


バンデッドレインボーラス(Halichoeres binotopsis)♂です。
桟橋前やってんけど、初めて見ましたわぁ~♪
めっちゃテンションあがったっ中年!
て、誰が中年やねん!


photo by brucelee


バンデッドレインボーラス(Halichoeres binotopsis)♀です。
メスはメスでオレンジのラインがカワイイねん♪
あと黒い点々が3つずつ1セットで縦に並びます。
幼魚も含めて、3匹+1匹(♂)のハレムが確認できました♪


photo by brucelee


オニベラ♂です。
もう~、誰かやつけてコイツ~~~!
速いねん、むちゃくちゃ速いねん。
ちょっと体形ずんぐりしてて、どんくさそうに見えるねんけど、もう彗星の如く去っていくで。
nobody can stop him って感じやで。
体真ん中から尾びれにかけて白っぽいバンドが出てますけど、これは婚姻色です。


photo by brucelee


フルリボンラス♂です。
外人カミナリベラです。
体側の1本縦線が鼻から尾柄部までまっすぐ通ってるのが特徴です。
普通にカミナリベラで片付けてたんですけど、こないだレグルスの水谷さん来はったときに教えてくれはりましてん。
それ以来、見つけたら撮るようにしてるねんけど、まだいっぺんもヒレ全開撮れてへん~。

まぁ一筋縄で完結させてくれへんところも、ベラの魅力なんやろなぁ~。
撮れた時の達成感、ホンマ嬉しいもんなぁ。
ほんまベラて、ツンデレな魚やでぇ。

か、囲まれてるやん!

押忍!
今日久しぶりのOW講習してましてん。
ほんで浅いところでスキルの練習してたら、えらい近いところでせっせせっせとフィリピン人が素潜りバンバンしやがんねん。
「邪魔やなぁ~。」思てふと気がついたら、周りに立て網張ってやがんねん!
やばいやん、包囲されかかってるやん!
もうちょっとでオヤビッチャと一緒に絡め取られる所やったで。
白石です。

photo by brucelee


ルソンハナダイ♂です。
ちょっと深いところにおるハナダイです。
ギラギラ系じゃないけど、やっぱりオーラのあるハナダイです。


photo by brucelee


アカスジウミタケハゼです。
ええ所に止まってました。
今思えばもっと開けて撮ったりしたら、可愛かったんやろなぁ。
基本オッサンなもんで、オッサン撮りでいってまいましたわ。


photo by brucelee


ホソスジナミダテンジクダイです。
確かに涙が細いです。
でもボディはナミダテンジクダイよりずんぐりした感じで、風格があります。
桟橋前に結構いるテンジクダイです。