SHEARWATER。



押忍!
鎌倉さんに勧められて、攻めるダイコン買いましてん~。
ほんでお礼のメッセージしたら、「いいぜ。俺も拓から、チャージマン研教えてもらったからな。」

チャージーGO!!
白石です。


photo by brucelee


SHEARWATER いう会社の、『Perdix』ってやつ。
ガスチェンジ出来て、そこそこ硬派なダイコンです。


photo by TOGAちゃん


アロポントニア・ブロッキーニ。
いつもこのウニにいます。


photo by TOGAちゃん


ナマコマルガザミです。
on ジャノメナマコ。


photo by ゆり


チョウチョウコショウダイyg.です。


photo by ゆり


フリソデエビ。
い~いネーミングですよね~♪


photo by brucelee


尾びれが伸長する、謎のギンポ。
泥地走り回っとったわー。

こんなん出ましたけどーーーっ!



押忍!
あーーーっ!寝てもーとったーーーっ!!
昨日ジュラシックイール見た穴から、似たようなごっついオーラのやつ出てきて、ちょっと気ぃ引いたろ思て、夕方頃「どえらいのん出てもーたー!」いうて号外ばりにFBに文字だけでお知らせしといてん。
ほんで帰ってきてログ書いてアップしよ思うねんけど、水中ではしゃぎ過ぎたせいか疲れドットコムで、パソコンの前で水飲み鳥みたいに頭カックンカックンするさかい、申し訳ないと思いつつも朝書いたろ思て、寝たってん。
ほんで早朝に起きて、ログの下書きも済んで「さー!ビビらせたるぞ!」とアップしよ思たら、今度はインターネット繋がれへんやん...。
これがホンマの...焦らしっくイールですな!!
白石です。

例のごとく、洞窟の中で途中からタンク外して、素潜りで亀裂に潜り込んでたら...。

photo by brucelee


こんなんでましたけどーーー!
古代魚やん!!
『ヤヴァイやつ』のオーラ、凄いんですけどーーーっ!!


photo by brucelee


顔のアップ。
吩の感じから当初「ムカシウナギ partⅡかぁ~~~!?」思たけど、腹ビレが糸状やしアシロ目(イタチウオのグループ)かなぁ~?思って、治郎さんに確認取ったらやっぱり「アシロじゃないか。」とのこと。
でもいずれにしても貴重なことは確かだよって。
あざーーーっす!


photo by brucelee


尾。
鰭が全部繋がってるようで、背びれ、臀びれ、尾びれがそれぞれ分かれてるのが分かります。


photo by brucelee


正面顔。
ぶちゃいく!
暗ぁ~~~いところで過ごしてるからか、目が退化してごっつ小さいです。


photo by brucelee


ななめ。
やっぱりぶちゃいく!!
唇ごっつい分厚いです。


photo by brucelee


あー。
びっくりしたなぁ~ほんまにー。
ヘトヘトになるぐらい、びっくりしたなぁ~ほんまに~。

しかし昨日帰りはった美人編集長...惜しかったなぁ~。
1日長かったら会えたのになぁ~~~。
これがホンマの...ジェラシックイールやなっ!!
て、もーええか!

『美人編集長SAYAKA = 美人バリスタSAYAKA』



押忍!
ハンドルネーム『美人編集長SAYAKA』に、少々困惑気味のSAYAKAさんの話し。

今朝のFACEBOOKのコメントで、Juliaさんから「SAYAKAさん、今回はバリスタ持っていったのかな?」て。
「コーヒーが好きなんですか。」と返信したら、「エスペランスにバリスタ持参だったとか。」

今朝SAYAKAさんに、「エスペランスまで、バリスタ持っていったんですか!?」て聞いたら、どうやら粉コーヒーが嫌で、インスタントのドリップできるコーヒーを持っていったらしい。
それでコーヒー好きの治郎さんが、SAYAKAさんをコーヒー部長に任命して、『美人バリスタSAYAKA』と命名したらしい。
で、それをエスペランスのブログに治郎さんが書いたので、それでJuliaさんが知ってるんじゃないですか?とのこと。

「なるほどー、謎解けましたわ~~~。」とスッキリした僕の表情を見て、逆に不可解な顔のSAYAKAさん。
「え? 『美人バリスタ』を受けての、『美人編集長』て名付けたんじゃないの?」
「いやいやいや、うちのお客さんで『湯けむりOL』、『ツンデレカープ女子』ときたので、『美人編集長SAYAKA』ですよ。」
「もー、あんたら師弟揃って、ネーミングの切り口同じ~~~。」

なんか、恐縮です!
白石です。



photo by 美人編集長SAYAKA


こんなタイニー、撮りたいにー!



photo by 美人編集長SAYAKA


コアラベニハゼ。



photo by 美人編集長SAYAKA


ガンメル on サンゴ。
すげー。
自分で見つけて、撮ってた!!



photo by 美人編集長SAYAKA


泣いてます。
しかも号泣です!


photo by 美人編集長SAYAKA


雑魚キャラ面やな。
「◯◯でやんす。」とかゆーてそうやな。


photo by ゆり


ゼブラガニ。
セブではごっつ珍しいです。


photo by ゆり


アカンタナス・プシルス。
紅白の、ごっつ小さいエビです。


photo by ヤドカリスト


パグリクス・マオルス(Pagurixus maorus)です。


photo by ヤドカリスト


そしてこちらは、上のと一緒やんと言いたいところなんですが、目が違うとのこと。
うわ、よー見たら、こっちは目の中に点々がある!
こんな違いまで見てはる、ヤドカリストさん。
もーーー、質が違いますわーーー。


photo by ヤドカリスト


そしてこっちは、上のマオルスモドキとほっとんど一緒やねんけど、片方の腕がごっつ長いです。
しかも、曲げてる方向が...うわ、気持ち悪っ!
なんか変な方向に曲がってません? それ、スタンダード!?


photo by ヤドカリスト


スタンダード、スタンダード、スタンダー...スタンド!!!
ジョジョ立ちで、アナスイやん!!
祝福しろっ!!


photo by ヤドカリスト


ぱーーーん!
ヤドカリストさんのサービスカット。
微笑みの、萌えヤドカリですわぁ~~~♪
愛がちゃいますわー。

5本。



押忍!
久しぶりに5本潜りました。
足の爪先から頭の天辺まで、窒素がチルチル満ちるやで。
白石です。

photo by 美人編集長SAYAKA


黄色いアカタチ。
キタチですわぁ~~~。
ごっつ可愛いサイズでしたよー♪


photo by 美人編集長SAYAKA


タンザクハゼsp.です。
こっちはほなら、アオタチやなぁー。


photo by 美人編集長SAYAKA


トンキンイトヨリ。
綺麗なイトヨリダイやでー。


photo by 美人編集長SAYAKA


ハゼ科の一種。
こいつって、こんなに第一背びれ長なるんやぁー。
こりゃ真剣に撮らなあかんネタに格上げやなっ!


photo by 美人編集長SAYAKA


初見のウミショウブハゼの仲間でした。
ずんぐりむっくりです。


photo by 美人編集長SAYAKA


今日もぴちょんくん~。
サンセットのベラに、セットで付いてきます。


photo by 美人編集長SAYAKA


ヒレナガネジリンボウ。
第二背びれこんな色はいるんやねぇー。


photo by ゆり


クロオビハゼ近似種の、ハゴロモハゼsp.です。
で、それの黄化個体。


photo by ゆり


何この子ー。
めっちゃスマイルやん~~~♪


photo by ヤドカリスト


ヤドカリストさん、参上!
何このヤドカリの撮り方ーーーっ!!
むちゃくちゃ綺麗やん~!
ヤドカリ愛半端ねーーーっ!


photo by ヤドカリスト


こちらは前回、湯けむりOLさんが発見した通称ヒノマルモドキ!!
自力で見つけてはった~。
流石です!

ということで、明日は次回のリベンジ!!
ヒノマルヒメヨコバサミ発見なるかっ!!
上がりきったハードルが...怖い!
下からくぐろ!

ぴちょんくん、再び。



押忍!
最近ヒカリキンメのガイディングに、一歩踏み込んだ『アリーナ席』いうのん設けるようになりました。
今日ゲスト1人やったんで、俺もアリーナ席で見ててんけど、やばいね、ココ!
笑い止まらへんね。 
セブに来たら、一度は見て欲しい光景がそこにあります。

何年後やろなぁ~。この光景がしっかり映し出されるカメラが出来るのは。
時代よ、早く俺のガイディングに追いついてこ~~~い!!
白石です。


photo by 美人編集長SAYAKA

サンセット行ってきましてん~~~♪
クジャクベラ~!


photo by brucelee


ラインスポットフラッシャー!
このクジャクベラは、フィリピンが誇るベラやなぁ~!


photo by brucelee


また ぴちょんくん出た~~~!
前回出たあと、いっぺん萎んでたのになぁ...?
抱卵?便秘? なんなん??


photo by 美人編集長SAYAKA


ガマアンコウのチビ~!
すっげえ可愛いサイズ~♪
セブのナイト、やっぱすげ~!


photo by 美人編集長SAYAKA


初めて見るヒラムシ。
名前は勿論...しらん!

なんちゅう名前付けやがる...。



押忍!
バリで最終日、なにげに手に取ったパンフレットにて。
き、き、き、キンタマーニ!?
山になんちゅう名前付けやがる!!
白石です。


photo by brucelee


イソギンチャクモドキカクレエビです。
派手なところにいましたよ♪


photo by brucelee


フリソデエビ。
HWSで撮ってみました。


photo by brucelee


チョウガイカクレエビの仲間です。
オレンジ地に白点の個体は、こちらに多いですね。

番外編。



押忍!
恒例のバンガイカーディナルフィシュにて、番外編です。
ほんまシークレットベイはこれだけで十分1本いけまっせ~~~。
まー、ボビットワームもあれだけで150分いってもーたけどーーー。
白石です。


photo by brucelee


まずは群れ。


photo by brucelee


がんめる♪


photo by brucelee


もういっちょ、がんめる♪


photo by brucelee


おチビちゃんにて、もういっちょ~。


photo by brucelee


パステル そうる~。


photo by brucelee


あ、口内保育♪

これにて、ほんまにバリ編全部終了~。
明日から、自分とこのセブの写真にてログ書きます~~~。

じゃーん!



押忍!
先ログあげて、今日はサヌールの街、ブラブラしてきます。
やること先にやるタイプ。
白石です。


photo by brucelee


じゃーん!
例のブルーマージンフェアリーラス!
今年は鰭開いてくれてん~~~♪
合計ムンジャンガンの深場8回通ったわ~~~。
しかしまだ尾びれが全開じゃない!
この尾びれの後縁が青く縁取られるのが、この英名の由来やのに!
しゃーないなぁー、来年もリベンジ行くしかないなぁ~~~。
来年もムンジャンガン、3日は欲しいなぁ~~~。
あー、楽しかったなぁー。


photo by brucelee


あ、こちらは♀。
雌のうちは、尾鰭の付け根が黄色いです。


photo by brucelee


イナズマヤッコは普通にいます。


photo by brucelee


こちらはコモドドティバック。
インドネシアは、メギスも多いねぇ~。


photo by brucelee


フタイロカエルウオ。
セブにいてないから、ごっつ気合い入れて向き合いました。


photo by brucelee


バスズブレニー。
こいつ好っきゃわー♪


photo by brucelee


中山さん、ジョジョさん、ほんまにありがとー!
今年もごっつ楽しかったわ~~~。
セブにも遊びに来てよ~~~。
ほな、また来ね~~~ん!

はーい、ちゃん、バブーーー!



押忍!
あ~、終わってしもたー。
街まで帰ってきて、いま、サヌール。
宿にて、バスタブあることに気付いて、折角やからお湯張ってみた。
ちょっと水が黄色いことに抵抗あってんけど、そーいやここやん!
ここでこそバブやん!
冷水と聞いてビビってたヌサペニダ用に持ってきてたバブが、まさかのここで普通に活躍。
ごくごくスタンダードな使い方やねんけど、目から鱗の感動やったわ~。
白石です。

6月9日のダイビング。
この日は『チャーリー×ボビットワーム』の編集に追われて、日中のシークレットベイの写真を紹介出来ていなかったので、今日書くことにします。

潮がドンピシャということで、1本目マングローブに行ってきました。
ここのマングローブはエルニドと違て、めっちゃ透明度良かったわー。


photo by brucelee


ホソスジマンジュウイシモチ。
ホソマンですわ。


photo by brucelee


サツキハゼの仲間。
あー!お前邪魔やー!


photo by brucelee


こっちも別のサツキハゼの仲間。
この子は50mmぐらいある、このグループの魚にしては随分立派な個体でした。



この日のお昼ごはん。
豚肉の何かとご飯の弁当。
バナナの葉っぱに包んだ、現地ならではのランチパック。
激辛やったけど、うまかったわ~♪


photo by brucelee


タマガシラの仲間。
見たことない種だったので、とりあえず撮っておきました。


photo by brucelee


エソがテンジクダイを捕食!
ほんま、エソは優秀なプレデターやわー!


photo by brucelee


ピクチャーズドラゴネット。
ごっついいっぱいおったのに、今回は産卵見れず...。


photo by brucelee


でも極小の幼魚見れたから、ラッキラッキー♪


photo by brucelee


ナイトで中山さんが教えてくれたカニ。
アサヒガニの仲間かなぁ~?
チャーリーの合間に、撮らせて貰いましたわー。

photo by brucelee


ビーチのカニ。
バックごっついキレイやけど、これ何で抜いてると思います~?
バリならではのぉ~~~~。


photo by brucelee


チャナンでっせー!!
バリの風習で、神様へのお供え物ですわー。
お花を綺麗にセットして、そこにビスケットとか、軽いおもてなしを捧げます。


photo by brucelee


それの前に~、3匹並べてカニレンジャー!
罰当たりメルヘンですわー!

さー、明日のログは、ムンジャンガン最終日の報告です。
腹ビレ長いあいつにリベンジできたのか...? それとも敗れ去ったのか...。
神のみぞ知るバリ編最終回です!

撮らせて欲しいとお言いっ!!



押忍!
今日は1本潜って休憩中、どっかにお客さんの首締めて追い返したダイビングショップがあるっていう話してて、
「SM倶楽部かいなぁ~、どんなオプションやねん~。。」いうてアホなこと言うてましてん。
ほんでそれがスイッチになったんか、次のダイビングの大深度でカブキニセスズメと対峙したときのこと。
カブキちゃん、岩陰からぶつぶつ囁いてきよんねん。

「真横撮らせてほしいのかい~? なら、真横撮らせてほしいとお言い!!」
「真横撮らせて下さい!」
「ほう~ら。」
「あー、ピン合うてない~~~。」
「ウスノロい豚だよ~。止まって欲しいなら、止まってほしいとお言い! 」
「止まって下さい!」
「い~や、まだだね~。あたしの正面顔だけで我慢するんだね~。」
「真横撮らせて下さい~!」
「仕方のない子だねぇ~、ほう~ら。」
「あー、前にヤギ被ったー!」
「ぐずな豚だよ~。 全身撮りたいなら、全身撮りたとお言い!」
「全身撮らせてください!!」
「だめだね~。 薄鈍い豚は正面顔だけ撮ってりゃ良いのさ。」
「あの、、、もうデコがそこそこ...。」
「うるさい豚だよ~。」

これ、完全に窒素酔いやな。
白石です。


photo by brucelee


そんなこんなでカブキニセスズメ。
正面顔しか撮れませんでした...。
白地に赤いラインが...歌舞伎!!


photo by brucelee


チゴハナダイyg.。
セブにいてないので、嬉しかったなー。


photo by brucelee


ムラサキズキンベニハゼ。
尾びれに水玉入ったら、ダイトクベニハゼになります。


photo by brucelee


幼魚やってんけど、なんやろ?
深さ的にも針の毛足の短さ的にも、イガグリフグかなぁ~って思てんけど、針のところが黄色ちゃうしなぁ~。
ちょっと謎のまんまです。


photo by brucelee


キツネベラ♀。
雄じゃなかったけど、立派な成魚でしたよ。


photo by brucelee


イラっぽい魚の幼魚。
なんやろ??


中山さんのスタンド、ジョジョンさん。
車の運転から、器材の世話までしてくれます。


photo by brucelee


ブルーアクシルクロミスyg.です。
腋部が青いのが特徴の、シコクスズメダイによく似た種です。


photo by brucelee


イエローリップトリプルフィン。
外人ヘビギンポです。
そーいや、セブはヘビギンポ少ないなぁ~~~。


photo by brucelee


サドルドドワーフゴビー。
セブにもいるシマイソハゼの外人です。


photo by brucelee


そしてこっちが別種なのか、黄化個体なのか??
こいつはホンマに明るさにも、気配にも敏感で、長いこと時間割いたわー。
なんやガヤみたいなんチクチクするし、なかなか犠牲の多い撮影でしたよ。